営業の傍ら、Webサイト構築等を行っています。主にビジネスや心理学、気になるトレンドの情報を配信中

~賢者への道~

仮想通貨

2018年 仮想通貨 今後の展望

更新日:

仮想通貨 今後の展望

世界最大の投資銀行
ゴールドマン・サックスが仮想通貨関連の
商品提供の準備を始めました。
この参入が本格的に決まれば
仮想通貨に実態があろうが、なかろうが
市場規模は急拡大すると考えられます。

 

 

専門家や投資家も
否定的な意見肯定的な意見が様々にでているが
大口の投資家が続々と参入しているのも事実です。

 

皆さんはどうお考えですか!?
価値が上がると思いますか!?
見る角度によって変わってくると思います。

 

そもそも仮想通貨って、
何でこんなに騒がれるんだろうって思いはあります。
まだビットコインは分かります実用性があるから
ほとんどの仮想通貨が実態を伴ってない印象があります。
ただビットコインも爆発的な普及は送金の通信スピードを考えると
厳しいという意見もありますね。
その代替えがイーサリアムリップルであったりします。

 

今の段階は
言うなれば

ブロックチェーンと言う要素を使った
研究段階に過ぎないと思っています。

仮想通貨=ブロックチェーンと認識している人もいますが
この二つは分けて考えてもらった方が
わかりやすいです。

 

ブロックチェーン技術が
世の中に浸透していくことは間違いないです。

 

ただ浸透していくから、
仮想通貨の価値が上がる、
はイコールではないですね

 

例えるならカーボン素材
カーボン素材で様々な
製品が生み出されています。
素材が素晴らしく、
色んな業界に取り入れられて
新しい製品が生まれています。

 

カーボン素材ブロックチェーン技術

カーボンで作った車のカバービットコイン

 

そんなイメージを持ってもらえればいいかもしれません。

 

仮想通貨の中には
カーボン素材で作った椅子=〇〇コイン

みたいな物もあります。

椅子をカーボンで作る意味あるww!?
そんな仮想通貨にする意味のない通貨も
非常にたくさんあります。

 

仮想通貨は1500種類を越えて
作る意味がないような通貨もたくさんあります。

 

仮想通貨は2017年12月頃から、
すごい勢いで伸びていましたね
ただ2018年1月中旬以降に、
資金流出問題や、よくないニュースが溢れかえって
大暴落がおきました
その後はパタリと話題に上らなくなりましたが

 

最近、大手有名企業が参画はじめていることで
話題がまた復活しつつあります。

 

ちなみに、私は2018年1月からスタートしてますw
10つの取引所(国内8 海外2)開設。
ICO案件もいくつか手を出しています。

 

資産の4分の1は仮想通貨に投機してますね
始めた時期がよくないので
収支はマイナスですwwwww
最悪、なくなってしまってもいいと考えてはいますwwww

 

 

宝くじや散財するくらいなら
仮想通貨に投資しますね!

 

 

2018年1月頃に始めた人は
仮想通貨のイメージはよくないと思います
私も一時、仮想通貨をやめようとも考えましたが
もう少し少額投資をしながら様子を見ようと考えてます。

 

 

仮想通貨はオワコンなのか、成長の見込みはあるのか
過去と現在の金額をベースに今後の展望を予想してみます。

 

 

私が仮想通貨投資をやめるのを躊躇している理由としては
2点あります。
・市場規模が33兆円
・大手金融機関や大口投資家の参入情報

 

【仮想通貨の市場規模】

国内の産業と金額を比較してみると
自動車業界が65兆円、建設 51兆円、医療 40兆円、
仮想通貨は33兆円。

下がったと言われていますが、
国内の上位の産業に匹敵する規模まできています

 

仮想通貨バブルのピーク時90兆円まで伸びていましたww
(2018年1月7日)

 

投資として考えるのなら
他の投資対象と比較すると
金が1000兆円株式市場は8400兆円になる
そう考えると仮想通貨の規模はまだまだ小さいと思えます。

 

 

まだ仮想通貨は世界に浸透していないので
逆に伸びていく可能性も秘めています。

 

【大手金融グループの新規参入】

仮想通貨の伸びを予想する際に、
世界最大手の金融グループであり、
投資銀行のゴールドマン・サックスの動きをみてみます。

 

 

ゴールドマン・サックスは否定的な意見も出してましたが、
5月に仮想通貨関連の投資商品の
提供の準備をしていると報道されました。

 

 

日本の銀行もブロックチェーン技術の活用を発表していますが
あくまでもブロックチェーン技術の活用と報道されています。
投資商品として仮想通貨を取り入れる金融機関はまだありません。
追記*6月4日 資本金816憶のSBI、子会社SBIVCが取引所開設
*6月4日 アメリカの2000万人の顧客を抱える、仮想通貨取り扱いのコインベースが三菱UFJと提携して、日本に進出予定

 

ゴールドマン・サックスが投資商品として
販売をスタートすると
それに習って、様々な国の金融機関が投資商品として
仮想通貨を取り扱う可能性は高くなります。

 

そう言い意味でゴールドマン・サックスの動き
注視しています。

 

このブログで、仮想通貨の市場規模の変化や
大手金融機関の仮想通貨参入に関しては随時掲載していきます。

今後の展望

投機をして、損をした人も、
まだスタートしてない人も
今すぐに投資をしなくてもいいですが
仮想通貨の関連情報を気にしておき、
変化の兆しが表れた時には
スタート出来る準備はしておいた方がいいかもしれません。

 

 

Let's meet again 
by賢者

 

-仮想通貨

Copyright© ~賢者への道~ , 2020 All Rights Reserved.